AR(反射防止膜)

AR(反射防止膜)

ガラスと空気の屈折率の違いにより、ガラスに入射した光のとガラスから出ていく光の一部が反射されてしまいますが、ガラスの表面に反射防止コートをする事で透過率を上げる事ができます。
可視光以外にも、ご要望の反射防止波長帯域に合わせて設計いたします。角度をつけて入射する場合や、レンズ等のカーブ面へのコーティングもご相談下さい。