IR情報

IR情報

投資家の皆様へ

光・ガラス分野における研究開発を行う特殊ガラス製品メーカーです。
蒸着技術等を駆使してガラスの高付加価値化に取組み、時代のニーズを捉えたヒット商品を相次いで生み出しています。
歯科医の手元を照らし影を作らない「デンタルミラー」、プロジェクターの光源用反射鏡として用いられる熱を持たない「コールドミラー」は、国内外ともに高いシェアを誇っています。

おかげさまで2003年12月22日、JASDAQ市場への上場を果たすことができました。
今後も、コア・コンピタンスを背景に更なる世界No.1製品の開発に努め、企業価値を高め、投資家の皆様のご期待に応えてまいる所存です。
今後ともご支援ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

社長 岡本 毅
創業 1928年(昭和3年) 10月
本社所在地 千葉県柏市十余二380番地
電話 04-7137-3111(代)
ホームページ http://www.ogc-jp.com/
事業 光デバイス用ニューガラスと多層膜蒸着製品等の製造・販売
資本金 2,095,307千円(2017年3月末現在)
事業所 本社・ガラス事業所,薄膜事業所,大阪分社,新潟,台湾,中国
従業員 187名,臨時社員20名
年商 2008年3月期 6,249百万円
2009年3月期 5,897百万円
2010年3月期 5,625百万円
2011年3月期 6,369百万円
2012年3月期 5,599百万円
2013年3月期 5,201百万円
2014年3月期 5,827百万円
2015年3月期 6,119百万円
2016年3月期 5,341百万円
2017年3月期 5,344百万円