色温度変換フィルタ

色温度変換フィルタ

色温度は光源の光の色を表す値で、色温度が低いと暖色系の色、高いと寒色系の色になります。
屋外で写真撮影をする際には、季節や転記、時間帯によって撮影される写真の色合いが異なってきます。また、屋内の撮影においても、蛍光灯や電球、LEDといった照明による違いが映像の色合いに大きく影響してきます。こういった、撮影環境や光源による色味の変化を補正するのが「色温度変換フィルタ」です。
最近のデジタルカメラには光源に合わせて色温度を調整するホワイトバランスの機能が備わっていますが、フィルムを使うカメラでは色温度を上げるブルー系や異論度を下げるアンバー系の色温度変換フィルタを使いホワイトバランスに相当する調整を行います。
カメラ以外でも、顕微鏡や望遠鏡の観察用途の他、照明に色温度変換フィルタを取り付けることで照明の色温度を補正することができます。

暖色系の3,000K(ケルビン)から寒色系の6,500Kまで、ご希望の色温度に調整することが可能です。

【特徴】
1. 光源スペクトルにあわせたご要望の色温度に変換
2. カメラ撮影の天候による色味補正

【用途】
・ 照明器具の色温度変換
・ カメラレンズ用フィルタ
・ LED照明等の演色性向上