UVカットフィルタ

UVカットフィルタ

紫外線(UV)をカットし、可視光線を透過するフィルタです。
ご使用環境に合わせ、波長ごとに透過率・反射率の調整が可能です。
高圧水銀ランプを光源にした液晶プロジェクターにおいても、紫外線による液晶の劣化を防ぐためにUVカットフィルタが使われています。

【特徴】
1. 誘電体多層膜による高耐久性、シフトレス(ノンシフト)膜
2. 200nm以上の波長において、透過率と反射率を調整可能
3. 波長によって、吸収と反射によるカットが可能

【用途】
・ 水銀ランプ光源からのUV照射による光学素子の劣化抑制
・ 人体への影響が大きいUV-B、UV-Cを選択的にカット

この製品について問い合わせる